公開買付けに係るスポンサー候補者との協議状況について

当社は、令和元年(2019 年) 11 月 24 日、当社取締役会に対して当社買収提案に関する協議状況を報告するとともに、今後の対応について協議いたしました。現在の協議状況について、当社株主の皆様から多くのお問い合わせをいただいていること、適切かつ速やかな情報開示を行うべきものであること、及び各メディア等において様々な当社買収報道等が出されている状況に鑑み、 以下のとおりお知らせいたします。

1. スポンサー候補者との協議基本方針
当社は、スポンサー候補者との協議にあたっては、令和元年(2019年)9月27日付当社プレスリリース「当社への買収提案に対する対応の基本方針について」において公表いたしました当社株式に対する公開買付け等の方法による当社に対する買収の実施又は提案がなされた場合における当社の基本方針に基づき、スポンサー候補者に対して、当社の株主共同の利益を確保し、かつ、当社の企業価値の維持・向上に資する提案を行うよう求めて協議を行っております。
① 当社株式1株当たりの買付け等の価格(以下「公開買付価格」といいます。)が5,000円以上であること
② 企業価値の維持・向上のため、当社の従業員の雇用が確保された上で、従業員にとって働きがいのある企業であり続けることを確保できるための「従業員保護」が図られていること

2. 各スポンサー候補者との協議及び交渉の状況
当社は、サッポロ合同会社(Fortress)及びブラックストーンを含む海外の投資ファンド5社、日本国内の投資ファンド1社及び日本国内の事業会社1社をスポンサー候補者として協議を行っております。
①サッポロ合同会社 Fortress による公開買付けについて
サッポロ合同会社 Fortress から、令和元年( 2019 年) 11 月 29 日を最終日とする公開買付けが実施されておりますが、公開 買付 価格が 4,100 円と現在株価を大きく下回るものであることから、買付価格を 5,000 円に引き上げるよう求めております。
②ブラックストーンとの協議について
ブラックストーン が提示した 5,000 円という公開買付予定価格は、 株主共同の利益の観点から、当社の潜在的 価値 も含めた企業価値の評価としては一定の水準であると思われ、当該提案は当社として十分検討し得るものであると判断される と考えられる ことから、 ブラックストーン との交渉を積極的かつ真摯に進めております。
一方で、当社といたしましては、仮にブラックストーンが当社を買収した後においても、 企業価値の維持・向上の観点から、 当社従業員の持続的な雇用の継続及び将来的な事業の発展に向けた仕組みを確保すべきものであると考えており、 ブラックストーン の提案に対して当該事項が担保される よう 、 具体的な条件及び契約内容の協議を行っております。
③他のスポンサー候補 との協議 について当社は、他 の 複数のスポンサー候補から、ブラックストーンが提示している 5,000 円と同 水準の価格での買収意向を受けて おり 、さらに、 5,000 円+αの価格での買収について検討しているスポンサー候補もおります。
また、当該 複数の 提案には、 企業価値の維持・向上のため、 当社従業員の持続的な雇用の継続及び将来的な事業の発展に向けた仕組みの確保について、当社として十分に賛同し得る内容が盛り込まれているものもあります。
ただし、当該意向の実現には、未だ諸条件の達成が必要であることから、現時点において正式な買収提案には至っておりません。
サッポロ合同会社(Fortress)並びにブラックストーンをはじめとするスポンサー候補者との協議の状況を別紙のとおり纏めておりますので、ご参照ください。
当社といたしましては、サッポロ合同会社( Fortress )並びに ブラックストーンをはじめとするスポンサー候補との協議を真摯に継続し、株主共同の利益の最大化、並びに 従業員保護( 従業員の持続的かつ発展的な雇用の継続 )を含む 企業価値の維持・向上 を実現すべく、可及的速やかな合意に向けて協議を継続してまいる所存です。
当社は、サッポロ合同会社(Fortress)並びにブラックストーンをはじめとするスポンサー候補者から正式な提案受領時には、必要に応じて速やかに公表いたします。なお、今後の協議状況につきましては、開示が法令により必要又は適当であると判断した場合に、速やかに開示いたします。

以上